• 有松天満社 花暦

令和3年度 献燈神事「秋葉大社祭」、斎行



 天明4年の大火によって、有松(当時は有松村)は全村消失してしまい、以降現在の漆喰の白壁となまこ壁のある佇まいになりました。

 町の人々は、二度と大火を起こすまいと、町に秋葉社を祀り、家内安全・火の用心を祈願しております。


 当日は祗園寺秋葉堂にて秋葉大権現様に祈願し、境内でどんどを囲みました。

 有松秋葉講の方々をはじめ、ご町内の方々もお越し下さり、皆々様の家内安全・火の用心・無病息災をご祈願致しました。


 また、この日は年に1度の御開帳の日でもあり、霊験豊かな御狐様にお乗りになった秋葉大権現様に相見えました。

 祗園寺秋葉堂に祀られております秋葉大権現様は、1700年代に町の方々が京都の仏師に作っていただき、この祗園寺にご寄進いただいたと云われております。


※有松では、祗園寺での秋葉大社祭の神事の他に、松原地区・東町・中町・西町においてもとり行っております。


 さて、2021年も残りわずかとなりました。

 全ての方々が健やかに新たな年をお迎え出来ますよう、ご祈念申し上げます。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示