• 有松天満社花暦だより

元旦祭の御礼ならびに左義長のご案内

令和最初の元旦祭を迎えました。

大晦日からの二年詣りに始まり、お正月三が日は沢山の方々がお詣り下さいました。

大晦日の夜におきましては厄年会による御神酒や甘酒の振る舞いが行われ、賑やかな年越しを迎える事が出来ました。


華やかな1年の幕開けを迎える事が出来ました事、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。


また、元旦祭準備等お力添え下さいました山車関係者はじめご町内の皆様、誠にありがとうございました。


さて、今年は中広場にて「ハートのおみくじ結び所」といった新たな試みもございました。

大変ご好評賜りまして、三が日最終日を迎える頃には沢山の想いが結わえられておりました。



お預かり致しました想いや願いは1月14日(火)に斎行される「左義長」にて大切にお焚き上げさせていただき、想いや願いが成就されるよう祈願させていただきます。



左義長について:

100年以上続く地域の旧正月の行事で、鏡餅や注連縄等のお正月飾りや、旧年の御神札や御守りをご持参いただき、どんどでお焚き上げする事で1年の無病息災等を祈願する行事でございます。

また、有松天満社の御祭神が菅原道真公である事から、書き初めをお焚き上げしてその煙が空高く上がれば「字が上手くなる」「学業上手する」とも云われており、旧年の3月第3日曜日に斎行の春季大祭で奉納された地元の小学生による「献書」をお焚き上げして、学業成就祈願をさせいただいております。



日付:令和2年1月14日(火)

時間:9時~12時

場所:有松天満社 中広場にて

※当日は有松天満社の他に、有松中学校東下の東町秋葉神社前においても行われます(7時半~11時半)。


どうぞ、どなた様も1月14日(火)は左義長へお出かけ下さいませ。


左義長についての詳細はコチラ

​Copyright © 2018-2020 有松天満社文嶺講 All Rights Reserved.