• 有松天満社花暦だより

【新着情報】有松山車まつり見所解説!!

有松山車まつり(有松天満社秋季大祭)まで、前夜祭を含めて1ヶ月となりました。


天満社社季大祭の見所情報を掲載した「有松寫眞舘-梅鉢の舘」もこっそりお話が追加され、現在9/10話公開中です。


<閲覧方法>

HOME>有松山車まつりご案内>有松寫眞舘-梅鉢の舘-


・・・さて冒頭に触れました「前夜祭」について少しお話したいと思います。


<前夜祭とは>

有松の場合、「山車飾り」「山車曳き」「からくり上演」はありませんが、、、


午前中は主に翌日に開催されるお祭りの最終準備を行います。

・梵天(神様にお越し頂く為のしるしのようなもの)の竹取と梵天作り

・各年行司にて山車の飾り付け(大幕や人形、榊の取り付け等)

・年行司へ幕や御神燈の飾りつけ

・掃除

※普段なかなか見られない貴重な準備光景が旧東海道で行われます♪

※少しだけ写真を載せておきますね♪


夜は各町内へ囃し込みへ行きます。

夜囃子を奏でながら町内を練り歩き、地域の方々にお祭りが来た事をお知らせします。

また、天満社では関係者による献灯神事がとりおこなわれます。


旧東海街道もお祭りが近づいてくると、軒下に各町の紋章入りの御神燈を吊るして一気にお祭りモードになるので、普段と違った雰囲気の町並みを楽しめると思います。

是非、町歩きのご参考に♪

中町唐子車:梵天作りの様子


西町神功皇后車:山車の飾り付け・梵天用の竹を搬入の様子


東町布袋車:梵天の根元を支える稲を仕分けている様子


​Copyright © 2018-2020 有松天満社文嶺講 All Rights Reserved.