top of page
  • 執筆者の写真有松天満社 花暦

津島社の建て替えならびにご奉納賜りました

更新日:2023年9月9日

 この度、令和5年度還暦会の六三四会様より、天満社下広場の津島社の建て替えならびにご奉納賜りました。


 7月8日(土)、津島社前にて神事を執り行いました。


 六三四様からのご奉納により、新しい祠で本年度の献燈神事「津島祭」を迎えられます事、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。


 さて、皆々様におかれましても、有松天満社へお詣りの際は、新しくなりました津島社にて、無病息災をご祈願くださいませ。



 


+++ 津島社の歴史 +++


 有松の津島社の歴史は、かつて全国的に疫病が蔓延した時代、有松の先人たちが町内安全・無病息災を祈念して、天王坂に牛頭天王神仏習合する以前の素戔嗚尊の事)をお祀りする祠を建てた事から始まります。

 その後、町並みの変化と共に祠は天満社境内に遷座し、現在にいたります。


 当社では、毎年7月15日・8月23日・9月30日の日没後に献燈神事「津島祭」を執り行い、町内安全と無病息災を祈願いたします。

 

閲覧数:74回0件のコメント
bottom of page