• 有松天満社花暦だより

金毘羅春祭前夜献灯

最終更新: 2月29日

 本日は祇園寺にて金毘羅春祭前夜献灯が行われました。

 

 起源は1845年にさかのぼり、有松の人々が香川の「金刀比羅宮」様より分祀いただいた事から始まりました。

 古来より海運の神様として信仰され、今日では物流をお守り下さる事から、交通安全や商売繁盛の神様として信仰されております。


  地域の皆様を代表して数名の総代が旧東海道の西にある祇園寺にて、有松の繁栄と地域の皆様のご繁栄を祈願してまいりました。


22回の閲覧
​Copyright © 2018-2020 有松天満社文嶺講 All Rights Reserved.