• 有松天満社花暦だより

12/1 三鳥居の注連縄作りが行われました

最終更新: 1月1日

すっかり季節は冬になりました。

早いもので、ついに今年の暦も12月を迎えました。


12月1日の午前中、有松天満社の三鳥居前にて有志の方々による注連縄作りが行われました。


三鳥居をご寄進いただいて以来、毎年12月第1日曜日に有志の方々数名で新年をお迎えする為の注連縄を作って下さっています。

想い出話に花を咲かせながら、今年も立派な注連縄が完成しました。



新しい注連縄は大晦日の午前中に取り付けられます。


年々、大晦日の夜から新年を迎える「2年詣り」も賑わっております。


新年を迎えた1月1日は元旦祭ならびに進学祈願祭が斎行されます。

御祭神・菅原道真公は「学問の神様」としても知られております。

家内安全・無病息災・商売繁盛はもちろんの事、学業成就・合格祈願等、初詣はどなた様も是非、有松天満社へお詣り下さいませ。


また1月14日には天満社中広場にて「左義長(どんど)」が斎行されます。

古くから伝わる正月行事のひとつでございます。

1月1日の「元旦祭・進学祈願祭」、そして1月14日の「左義長(どんど)」とお誘い合わせの上お詣り下さいませ。

​Copyright © 2018-2020 有松天満社文嶺講 All Rights Reserved.