• 有松天満社花暦だより

謹賀新年

最終更新: 2019年3月17日

 新年おめでとうございます。

 2018年は大変お世話になりました。

 2019年もよろしくお願い申し上げます。

 皆様にとってご多幸溢れる年になりますよう、ご祈念申し上げます。


 今年は有松ミチアカリプロジェクトの皆さんのご協力で、大晦日の深夜から元旦の明朝まで、有松天満社下広場にて、竹あかりのライトアップを開催させていただきました。

 

 11月3日の一夜限りで開催された「有松ミチアカリ」・・・


 実はこのミチアカリには「竹かりのお伊勢参り『つなげよう、楽しもう、つづけよう』」といった、もうひとつの物語がありました^^

 11月3日に開催された「有松ミチアカリ」を終えた後、竹あかりたちは旧東海道の四日市を経由して伊勢神宮へ向かいました。

 旧東海道・・・有松もまた、かつては伊勢とは古くからのつながりがあり、伊勢神宮のある松阪では「伊勢木綿」があり、高級木綿として有松でも使用されていたのです。


 伊勢参りを終えた竹あかり・・・


 この竹あかりのの織り成すやわらかな光天満社下広場を幻想的な世界へ包んでゆきました。

 また、午前0時から有松天満社は開門され、いよいよ元旦祭がスタートしました。

 今年も多くの参拝者の方々が訪れ、2019年も有松天満社は賑わい溢れるスタートとなりました。


 明けて、元旦の朝からは鈴祓いや御祈祷承りがあり、家内安全を祈願する方々や、受験を控えたお子さんたちの学業成就祈願等をされる参拝客の皆様がお越しになりました。



 さて、有松天満社は正月三が日、御札や御朱印等といった授与品の領布がございます。

 2・3日については朝9時から夕方4時まで、天満社神楽殿にて御札や御朱印等といった授与品の領布を行います。

 是非御神徳をお授かり下さいませ。

​Copyright © 2018-2020 有松天満社文嶺講 All Rights Reserved.