​有松ごよみ

​有松天満社や有松で開催される主な行事の一覧です。

■1月■

◇元旦祭

境内へ向かう階段や本殿が御神灯で照らされ、新年を迎えます。

2018年の元旦祭から、祭礼日限定で有松絞りの朱印帳と御朱印の領布が始まりました。

◇左義祭(14日)

100年以上続く地域の行事です。

鏡餅や前年のお札をどんどで焚き、無病息災を祈します。

■3月■

◇有松天満社春季大祭(3月第3日曜日)※2020年は3/15開催

御祈祷や鈴祓いの儀、絞りの御守り・御朱印等の授与品領布の他、地元小学生による献書等がとりおこなわれます。

近年では、地元の方のご厚意で「四條流庖丁式」が開催され、年々賑わっています。

※四條流庖丁式:平安時代の宮中から伝わる由緒ある儀式で、祝いの席で開催されます。

食材を素手で触れる事なく切り分け、その季節や行事に見立てた題目で盛り付けられていく事から、「日本料理の祖」とも云われています。

◇有松福よせ雛さんぽ道(旧東海道にて) 公式Instagram

有松は数年前から「福よせ雛プロジェクト」に参加しており、「雛人形」としての役割を終えたお雛様たちが第2の人生(雛生)として有松の町並みを春らしく盛り上げています。
※2020年は2/22-3/22

■4月■

◇有松の山車の虫干し(4月第2日曜日) ★2019年の様子

有松天満社文嶺講が保有する山車3輌(東町布袋車・中町唐子車・西町神功皇后車)の保存活動のひとつです。

山車や幕、装飾品、提灯等を天日干しにします

普段見られない「山車の骨組みそのもの」をご覧いただけます。

■6月■

◇有松絞りまつり(6月第1土曜日・日曜日/旧東海道にて)

​旧東海道が伝統工芸品「有松絞り」一色に染まります。

有松絞り製品の即売会やワークショップ、ステージイベント等が開催されます。

この日は有松の山車3輌(東町布袋車・中町唐子車・西町神功皇后車)も山車飾りとして旧街道に並び、からくりやお囃子の実演を行います。

■10月■

◇有松天満社秋季大祭(10月第1日曜日)※2020年は10/4開催

旧暦8月15日に開催される有松の山車まつりです。

東町布袋車・中町唐子車・西町神功皇后車の3輌が旧東海道を曳行します。

夜には提灯が灯され、昼間の迫力満点の雰囲気から幻想的な姿へ大変身といった、見応え満点の山車まつりです。

囃子方・楫方の装束が「有松絞り」なのも有松ならではです。

 

◇有松ミチアカリ(旧東海道にて)

近年では、地元の有志の皆さんと学生さんによる有松ミチアカリが旧東海道(西町エリア)で開催されています。

地元有松へ想いをよせながら彩られる竹あかりに灯るロウソクの幻想的な光が、訪れる人々の心を温めます。

■11月■

◇晩秋の有松を楽しむ会(旧東海道にて)

秋深まる時期に旧東海道で開催されます。

旧邸宅の特別公開や地元の方々による作品展、若手の絞り職人を中心とした有松絞りのワークショップ、着物で町並み散策等が開催されます(内容は毎年変わります)。

■12月■

◇有松天満社注連縄作り(12月第1日曜日)

地元の有志の方々による鳥居の注連縄作りがあります。

健やかな年になる様、想いを込めて作ります。

​Copyright © 2018-2020 有松天満社文嶺講 All Rights Reserved.