• 有松天満社 花暦

年越しの準備

天満社の境内にある紅葉がようやく色付き、今年は例年よりも遅い紅葉シーズンを迎えました。

早いもので、今年も残すところあと20日となりました。




12月6日(日)、天満社三鳥居前にて午未会の皆様による新年の注連縄作りが行われました。

厄年の時に三鳥居をご寄進頂いてから毎年12月第1日曜日に三鳥居の注連縄を作り、ご奉納下さっています。


今年も立派な稲穂で結わえられ、力強い注連縄が完成しました。

午未会の皆様、毎年ありがとうございます。


注連縄作りの様子は令和3年1月4日よりCCNet東名局さんの「Cステーション」にて放送されます。

是非、放送エリアの方はご覧下さいませ。


◇CCNet東名局さん CCnet12ch「Cステーション」にて「午未会 しめなわづくり」

放送日:令和3年日1月4日(月)~1月10日(日)

平日:7:00 / 12:30 / 17:00 / 20:30 / 22:40

土日:11:40 / 15:10 / 20:10 / 23:20




さて、12月13日(日)はいよいよ「正月事始め」を迎えます。

新しい年を迎える為の準備は12月13日から始め、28日までに終わらせるのが良いとされています。

とくに12月13日は「正月事始め」と呼ばれ、古くから歳神様をお迎えする準備や門松等の正月飾りを作る為の松を山へ採りに行く「松迎え」が行われる日とされています。


当社も、毎年12月第2日曜日に境内の清掃奉仕に始まり、翌3週目の日曜日に新年度の奉納幟旗・提燈の掲揚等を行い、新年を迎える準備を進めます。

今年の「正月事始め」である12月13日はちょうど日曜日の清掃奉仕の日にあたります。


令和2年の残りの日々を健やかにお過ごしいただけますようご祈念申し上げつつ、新しい年を清らかにお迎え出来ますようご奉仕させて頂きたく存じます。

33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示